top›広報担当者の評価

広報担当者の評価

<広告>

<広告>

広報担当者の評価基準として企業は様々な基準を設けています。

広報担当者が行っている業務によって変わってきますが、一般的に多いのはウェブサイトへのアクセス数やクライアントからの反応、見込み客からの問い合わせ数、プレスリリースの件数、広告宣伝費に対する売上高があります。

また、企業によっては認知度などを調査してその良し悪しで評価をします。 もちろん、やたらめったらに広告宣伝にお金を費やして売上がまったくあがらなかった場合元も子もないので、評価は総合的に判断されます。

この総合的な判断によって広報担当者が「効率よくPRすることができた」「広告宣伝に対するコストパフォーマンスが高いPRができた」と評価されるのです。

中には広報業務と他の業務を兼務している担当者もいるため一概にこれが全てとは言えません。 企業によって目標も違い、その企業の業種によっても年間で広告宣伝費に使う予算も違ってきます。

とはいえ、昨年と同じ広報業務を行い結果が下回れば評価は下がります。 世の中の景気の問題や天災の問題もあるかもしれませんが、このようなことは理由にならず不景気や天災が原因であればそれに見合った広告宣伝費の使い方を模索することが必要です。

利用するPRツールの特性をとらえることや自社または自社商品の特徴をうまく強調しそれらを強みとして情報を発信していかなければ広報としての効果はあがりません。 闇雲に情報発信するだけなら誰でもできます。 これらを考え、最適な広報業務をこなせる人が評価の高い広報担当者となります。

<広告>

広報仕事コラム
広報の仕事とは? 広報の目的とは? 広報は若くないと採用されない? 広報の人はコネ入社?
広報の人は転職が多い? 経営者が描くビジョンを社内外に伝えること 部署ごとの動きをつかみ、年間スケジュールに落とし込む 新聞・雑誌のチェックで情報感度を高める
取材用資料とプレスリリースをつくる 取材をしてもらう 広報イベントを企画・運営する 社内広報を行う
社外向け広報を社内にもタイムリーに伝える IR広報を行う インターネットを使った広報 ブログを活用したこれからの広報
ソーシャルメディアをPRに活用する 選ばれる自社ウェブサイトの作り方 You Tubeを使ってのPR フェイスブックを使ってのPR
不祥事が起きた時の対応 危機が起きたときの体制作り メディアは顧客代表だと思って対応する 危機対策本部を設置する
危機への対応は企業の姿勢を示すチャンス 謝罪会見は誰に謝罪するのかよく考える 聴く・知らせる・対応するの3つが基本 差別化と地道な情報発信がブランドを作る
記者人脈を広げる 広報というポジションが人を育てる 広報・宣伝活動をメディア化する クチコミに勝る広告なし
自分なりに企業像をイメージしてみる 経営者(社長)のことを勉強する 競合他社の露出状況を把握しよう 自社の強みを分析しよう
広報担当者に求められる能力 広報担当者に求められる倫理観 広報担当者に求められる法律知識 広報担当者の評価
広報センスの磨き方 広報の仕事は他の仕事と兼任で担当することも多い 有効なコーポレートブランディングは? 媒体特性を理解する
タレント起用はよく考える 社内の士気を上げるのも広報に仕事 広報業務の引き継ぎ 広報は人気の職種
広報の仕事に就くためには? 広報・PRの効果    

<広告>

<広告>