top›広報業務の引き継ぎ

広報業務の引き継ぎ

<広告>

<広告>

広報の仕事は日本国内での位置づけは、ローテーション業務の部署としての位置づけがあります。 つまりは、長年広報に留まる人もいれば数年の経験を経て他部署に異動する人も多いのが広報です。

広報で人が入れ替わった時の広報業務の引き継ぎはどのように行われるのでしょうか。 大手新聞社でなおかつ企業担当者としての人員がいる場合は記者側で引き継ぎをしてくれる場合がほとんどです。 そうしなければメディア側の損失になるからです。

しかしそのような対応をしてくれるのはごく一部の企業だけで通常は記者担当が変わった場合は発信者側が主体となって引き継ぎを行っています。 発信者の担当者が変わった場合、気をつけることはどのようなことでしょうか。

当然のことながら、主要ターゲットメディア、お世話になった方々、新旧担当者で一緒に挨拶をすることが望ましいです。 しかしそれで全てではなく、担当者が変わってしまったことが原因で言うことや企画することがこれまでと変わってしまうことを防ぐ必要がありそうならないための引き継ぎでもあるのです。

また同じ企業でも担当する人によってその企業に対してのイメージや感じ方、思い入れなどの比重が随分と違いが出てきます。 そのような思いが当然企業側にも伝わるので、今まで上手く行っていたことが上手くいかなくなってくることもあるのです。

実務ノウハウの引き継ぎも大切なのですが、考え方や思考の引継ぎは実務ノウハウよりももっと大切なことです。 思想の継続こそが広報の引き継ぎにおいて一番大切なことだということは忘れてはいけません。

<広告>

広報仕事コラム
広報の仕事とは? 広報の目的とは? 広報は若くないと採用されない? 広報の人はコネ入社?
広報の人は転職が多い? 経営者が描くビジョンを社内外に伝えること 部署ごとの動きをつかみ、年間スケジュールに落とし込む 新聞・雑誌のチェックで情報感度を高める
取材用資料とプレスリリースをつくる 取材をしてもらう 広報イベントを企画・運営する 社内広報を行う
社外向け広報を社内にもタイムリーに伝える IR広報を行う インターネットを使った広報 ブログを活用したこれからの広報
ソーシャルメディアをPRに活用する 選ばれる自社ウェブサイトの作り方 You Tubeを使ってのPR フェイスブックを使ってのPR
不祥事が起きた時の対応 危機が起きたときの体制作り メディアは顧客代表だと思って対応する 危機対策本部を設置する
危機への対応は企業の姿勢を示すチャンス 謝罪会見は誰に謝罪するのかよく考える 聴く・知らせる・対応するの3つが基本 差別化と地道な情報発信がブランドを作る
記者人脈を広げる 広報というポジションが人を育てる 広報・宣伝活動をメディア化する クチコミに勝る広告なし
自分なりに企業像をイメージしてみる 経営者(社長)のことを勉強する 競合他社の露出状況を把握しよう 自社の強みを分析しよう
広報担当者に求められる能力 広報担当者に求められる倫理観 広報担当者に求められる法律知識 広報担当者の評価
広報センスの磨き方 広報の仕事は他の仕事と兼任で担当することも多い 有効なコーポレートブランディングは? 媒体特性を理解する
タレント起用はよく考える 社内の士気を上げるのも広報に仕事 広報業務の引き継ぎ 広報は人気の職種
広報の仕事に就くためには? 広報・PRの効果    

<広告>

<広告>