top›新聞・雑誌のチェックで情報感度を高める

新聞・雑誌のチェックで情報感度を高める

<広告>

<広告>

現代において、私たちは様々なメディアから情報を得ることができます。

新しい情報を常に入れ続けておかなければ、市場の動向や流行がわからなくなってしまいます。 商品やサービスは様々な事から影響を受けます。

例えば、国内外の政治や経済の動向、技術の進歩、競合他社のPR動向等で自社のPRを出すタイミングも変わってきます。 また、そのメディアが取り扱っている話題や力を入れている取り組みによってメディアの選定も変わります。

どの業務でも同じですが、企業によって広報の業務は様々です。 マスコミの対応や社内報の作成、社内外の情報収集、場合によっては自社ブランドの推進をしなければいけない場合もあります。 世の中の情報を正しく取り入れておかなければ対応できない業務がたくさんあります。 よって新聞や雑誌を常に読み、情報感度を高めておくことが必須となります。

ただし、すべての情報が必要というわけではありません。 世の中にはたくさんの情報が溢れています。 この情報すべてを取り入れることは不可能に近く、自社や自分にあまり関係のないものは極力取り入れないようにし、効率よく情報収集します。

例えば、Googleアラートなどでは、自分に必要と思われるキーワードをあらかじめ登録しておけば自然とその情報を入手することができます。 新聞や雑誌の紙面でも最近では電子書籍化が進んでおり、キーワードでの検索が比較的容易になってきております。 必要な情報とそうでない情報を正しく取捨選択することが日々の業務の役に立ちます。

<広告>

広報仕事コラム
広報の仕事とは? 広報の目的とは? 広報は若くないと採用されない? 広報の人はコネ入社?
広報の人は転職が多い? 経営者が描くビジョンを社内外に伝えること 部署ごとの動きをつかみ、年間スケジュールに落とし込む 新聞・雑誌のチェックで情報感度を高める
取材用資料とプレスリリースをつくる 取材をしてもらう 広報イベントを企画・運営する 社内広報を行う
社外向け広報を社内にもタイムリーに伝える IR広報を行う インターネットを使った広報 ブログを活用したこれからの広報
ソーシャルメディアをPRに活用する 選ばれる自社ウェブサイトの作り方 You Tubeを使ってのPR フェイスブックを使ってのPR
不祥事が起きた時の対応 危機が起きたときの体制作り メディアは顧客代表だと思って対応する 危機対策本部を設置する
危機への対応は企業の姿勢を示すチャンス 謝罪会見は誰に謝罪するのかよく考える 聴く・知らせる・対応するの3つが基本 差別化と地道な情報発信がブランドを作る
記者人脈を広げる 広報というポジションが人を育てる 広報・宣伝活動をメディア化する クチコミに勝る広告なし
自分なりに企業像をイメージしてみる 経営者(社長)のことを勉強する 競合他社の露出状況を把握しよう 自社の強みを分析しよう
広報担当者に求められる能力 広報担当者に求められる倫理観 広報担当者に求められる法律知識 広報担当者の評価
広報センスの磨き方 広報の仕事は他の仕事と兼任で担当することも多い 有効なコーポレートブランディングは? 媒体特性を理解する
タレント起用はよく考える 社内の士気を上げるのも広報に仕事 広報業務の引き継ぎ 広報は人気の職種
広報の仕事に就くためには? 広報・PRの効果    

<広告>

<広告>